コース警戒しすぎた…松山英樹“大誤算”の1オーバー75位

公開日: 更新日:

 それでも9番で2メートルのバーディーパットを沈め、2アンダー9位タイで前半を折り返した。

 スコットランドのリンクスは1日に四季があるといわれるぐらい、目まぐるしくコンディションが変わることで知られる。

 ところが大会初日は快晴、微風。2日目以降、悪天候が予想されるとあって同組のB・ワトソン(37)、R・マキロイ(27)は、「今日攻めなければいつ攻めるんだ」といわんばかりに前半からドライバーで飛ばし、パー5では2オンを狙った。その結果、マキロイは前半4アンダー。ワトソンは3番パー4(377ヤード)で1オンに成功するなど、同2アンダーとスコアを伸ばしていった。

 初日ドライバーの平均飛距離が341ヤード(1位)のB・ワトソン、308ヤード(23位)のR・マキロイに対し、松山は304ヤード(36位)。300ヤード以上飛ばしたプロが初日50人もいたことから、各選手とも天気をにらんでコースを攻めたのがわかる。前半の1打目にアイアンを多用した松山は、コースを警戒しすぎたのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  2. 2

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  3. 3

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  4. 4

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  5. 5

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  6. 6

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  7. 7

    理髪店めぐり混乱…小池知事「国と調整中」見切り発車の罪

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  10. 10

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

もっと見る