ロシアと並ぶドーピング大国 リオで見せるか中国の“底力”

公開日: 更新日:

 増えるのか、それとも減るのか。

 米金融大手ゴールドマン・サックスは1日、リオ五輪のメダル予想を発表。金メダルは米国45個、中国36個と予想。米専門誌のスポーツ・イラストレーテッドは、米国と中国の金はそれぞれ45個と予想している。

 中国はロシアと並ぶドーピング大国と呼ばれ、94年のアジア大会では23個のメダルが剥奪されたこともある。それ以後も、ドーピングに関する醜聞は後を絶たない。

 ロシアはリオ五輪追放は免れたものの、国家的なドーピング隠しが発覚し、世界の国々では禁止薬物に対する意識が高まった。日本の五輪関係者は「ロシアの問題があって禁止薬物を使う人が減れば、それは日本選手にとって追い風になる」と言うが、ドーピング使用の歴史が長い中国は、隠蔽技術も高いといわれている。

 ちなみに、前回大会の中国は38個の金メダルで、最多46個の米国に次ぐ2位だった。今回はおそらくクスリを使わないロシア選手からメダルをゴッソリ奪えば、45個の金メダルも可能かもしれないが、さて……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  3. 3

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  4. 4

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  5. 5

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  6. 6

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  7. 7

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  8. 8

    立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

  9. 9

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

  10. 10

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

もっと見る