ロシアと並ぶドーピング大国 リオで見せるか中国の“底力”

公開日:  更新日:

 増えるのか、それとも減るのか。

 米金融大手ゴールドマン・サックスは1日、リオ五輪のメダル予想を発表。金メダルは米国45個、中国36個と予想。米専門誌のスポーツ・イラストレーテッドは、米国と中国の金はそれぞれ45個と予想している。

 中国はロシアと並ぶドーピング大国と呼ばれ、94年のアジア大会では23個のメダルが剥奪されたこともある。それ以後も、ドーピングに関する醜聞は後を絶たない。

 ロシアはリオ五輪追放は免れたものの、国家的なドーピング隠しが発覚し、世界の国々では禁止薬物に対する意識が高まった。日本の五輪関係者は「ロシアの問題があって禁止薬物を使う人が減れば、それは日本選手にとって追い風になる」と言うが、ドーピング使用の歴史が長い中国は、隠蔽技術も高いといわれている。

 ちなみに、前回大会の中国は38個の金メダルで、最多46個の米国に次ぐ2位だった。今回はおそらくクスリを使わないロシア選手からメダルをゴッソリ奪えば、45個の金メダルも可能かもしれないが、さて……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る