ロシアと並ぶドーピング大国 リオで見せるか中国の“底力”

公開日:  更新日:

 増えるのか、それとも減るのか。

 米金融大手ゴールドマン・サックスは1日、リオ五輪のメダル予想を発表。金メダルは米国45個、中国36個と予想。米専門誌のスポーツ・イラストレーテッドは、米国と中国の金はそれぞれ45個と予想している。

 中国はロシアと並ぶドーピング大国と呼ばれ、94年のアジア大会では23個のメダルが剥奪されたこともある。それ以後も、ドーピングに関する醜聞は後を絶たない。

 ロシアはリオ五輪追放は免れたものの、国家的なドーピング隠しが発覚し、世界の国々では禁止薬物に対する意識が高まった。日本の五輪関係者は「ロシアの問題があって禁止薬物を使う人が減れば、それは日本選手にとって追い風になる」と言うが、ドーピング使用の歴史が長い中国は、隠蔽技術も高いといわれている。

 ちなみに、前回大会の中国は38個の金メダルで、最多46個の米国に次ぐ2位だった。今回はおそらくクスリを使わないロシア選手からメダルをゴッソリ奪えば、45個の金メダルも可能かもしれないが、さて……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  6. 6

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る