バド男子D早川・遠藤組 世界王者から金星で決勝Tへ前進

公開日:  更新日:

 番狂わせは男子ラグビーだけではない。リオ五輪バドミントン男子ダブルスの早川賢一(30)、遠藤大由(29)組が、昨年の世界選手権(ジャカルタ)王者でインドネシアのヘンドラ・セティアワン(31)、モハンマド・アッサン(28)組に2-1で勝利。

 世界ランク8位の日本ペアが同2位で金メダル取りが有力視されるペアを下す金星である。

 第1ゲームを先取して迎えた第2ゲームは、相手の強烈なショットに押され続けて16-21で落とした。最終の第3ゲームでは相手のミスにも乗じて5ポイントを連取して主導権を握ると、21-14で振り切った。

 13年、14年、16年と3度の全英オープン準優勝の早川、遠藤ペアも今大会の上位進出は厳しいとみられていたが、決勝トーナメントでも快進撃を見せるか。

 女子ダブルスの高橋礼華(26)、松友美佐紀(24)組は、タイのペアにストレート勝ち。混合ダブルスの数野健太(30)、栗原文音(26)組はオランダのペアを2-0で下し、日本勢のダブルスは3種目揃って予選リーグ突破を決めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    原発外交、領土交渉…自民党は3代目に身上をつぶされる

もっと見る