高飛び込み8位の板橋美波 “大技温存”の戦略ミスがアダに

公開日: 更新日:

 リオ五輪の女子高飛び込み決勝で板橋美波(16)が356.60で8位入賞を果たした。日本人女子としてはアトランタ五輪の元渕幸以来2人目。

 準決勝(18人で上位12人が決勝へ)を8位(335.55)で通過した板橋は当初挑戦するとしていた決勝で大技「前宙返り4回転半抱え型」を封印した。世界で板橋しかできない決め技だが、現地に入っての練習で成功率が上がらず、馬渕監督のアドバイスで断念したのだ。

 決勝の銅メダル争いを360点台とにらみ、「課題の2、3本目をしっかりやれば大丈夫」(馬渕監督)との作戦を立てたが、2本目に入水でミスし58.50。順位も10位に下げた。5本目に83.20を出して追い上げたが、メダルには届かなかった。

 メダル争いも結局、3位が389.20(カナダ・ベンフィート)と高レベル。それだけに一発逆転が狙える大技を温存したのが惜しまれる。

▽板橋のコメント
「うれしい気持ちと悔しい気持ちが半々。決勝に残れたのは良かったがメダルを狙っていた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  3. 3

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  8. 8

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る