• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高飛び込み8位の板橋美波 “大技温存”の戦略ミスがアダに

 リオ五輪の女子高飛び込み決勝で板橋美波(16)が356.60で8位入賞を果たした。日本人女子としてはアトランタ五輪の元渕幸以来2人目。

 準決勝(18人で上位12人が決勝へ)を8位(335.55)で通過した板橋は当初挑戦するとしていた決勝で大技「前宙返り4回転半抱え型」を封印した。世界で板橋しかできない決め技だが、現地に入っての練習で成功率が上がらず、馬渕監督のアドバイスで断念したのだ。

 決勝の銅メダル争いを360点台とにらみ、「課題の2、3本目をしっかりやれば大丈夫」(馬渕監督)との作戦を立てたが、2本目に入水でミスし58.50。順位も10位に下げた。5本目に83.20を出して追い上げたが、メダルには届かなかった。

 メダル争いも結局、3位が389.20(カナダ・ベンフィート)と高レベル。それだけに一発逆転が狙える大技を温存したのが惜しまれる。

▽板橋のコメント
「うれしい気持ちと悔しい気持ちが半々。決勝に残れたのは良かったがメダルを狙っていた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  9. 9

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る