• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

36歳で五輪5度 板飛び込み寺内は「2020年東京」も狙う?

 夏季五輪の日本人最多出場記録は馬術の杉谷泰造(40)。リオ五輪で6回目の出場となったが、それに次ぐのが男子飛び込みの寺内健。36歳で5度目の出場だ。

 96年のアトランタ五輪に15歳で出場。シドニー、アテネ、北京と連続出場して引退。ロンドン五輪前に現役復帰したが代表にはなれず、昨年の世界選手権で9位に入ってリオ出場を果たした。

 それでもさすがに五輪となるとレベルが一段と高くなる。寺内は強い横風の吹く屋外プールで得点を伸ばせず、6回の試技で合計380.85。29人中20位で上位18人の準決勝に進めなかった。23歳の坂井丞は373.70で22位だった(予選1位は中国の曹で498.70)。

 競技後、NHKアナは「坂井さんは23歳ですから、東京五輪に向けて頑張ってください」と話した。さすがに坂井より成績上位の寺内に触れないとまずいと思ったのか、「寺内さんにも(今後に)つなげてほしい」とカバーしたが、さて、40歳で迎える東京で、ひっそり日本人最多出場を狙うのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る