汚名返上の力走 男子400m障害はケロン・クレメントが金

公開日:  更新日:

 勝負弱いベテランが悲願の金メダルだ。

 リオ五輪陸上男子400メートルハードルで、個人として初めての五輪金メダルを獲得したクレメント(30=米国)。猛追するツムティ(24=ケニア)を100分の5秒差でかわし47秒73でゴール。ロンドン五輪8位の雪辱を果たした。

 トリニダード・トバゴのポートオブスペイン生まれ。3人きょうだいの末っ子で、母親はシングルマザーだ。生まれて3日目に、胃の出口の筋肉が硬くなり、ミルクなどが通りにくくなる「幽門狭窄症」と診断される。成功確率は五分五分の手術で乗り越え、5歳で陸上を始めた。年上の経験豊富な相手と走って2位と健闘しても、「1位じゃなきゃイヤだ」とだだをこねる負けず嫌い。13歳の時に移住した米国でその才能が開花した。

 04年に米国の市民権を取ると、世界ジュニア選手権の400メートルハードルで48秒51の大会新で金メダル。05年には室内の400メートルで44秒57の室内世界新記録をマーク。マイケル・ジョンソンの記録を10年ぶりに更新、400メートルハードルでは07年、09年の世界選手権を連覇した。

 しかし、五輪では優勝に縁がなく、初出場となった北京の1600メートルリレーの金メダルのみ。北京の個人はアンジェロ・テーラー(米国)に競り負け銀。大きな期待を背負って挑んだロンドンでは8位に沈んだ。「大舞台に弱い」というレッテルを貼られたまま臨んだリオで汚名を返上した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る