ライバル欠場で追い風も…錦織の不安は母国開催の負担増

公開日: 更新日:

「練習では追い込めているし、準備はしっかりできている。1回戦までにコートに慣れていきたい」――。

 男子テニス楽天ジャパンオープン(10月3日~=東京・有明)開幕を前に錦織圭(26)が順調な仕上がりぶりをアピールした。昨29日は会場の有明コロシアムで練習を公開。サーブやリターンを入念に確認するなど、約2時間汗を流した。

 今大会は、前年覇者で、先の全米オープン準決勝で敗れた世界ランク3位のスタン・ワウリンカ(31=スイス)、過去の対戦で0勝4敗と苦手とする同64位のファンマルティン・デルポトロ(28=アルゼンチン)のライバル2人が揃って故障で欠場。今大会最高位である5位の錦織が第1シードで臨む。

 2年ぶり3度目の優勝を目指す錦織には追い風となるが、問題は大会終了後だ。錦織本人が「心配なのは(シーズン)後半をケガなく終わったことがない。楽天、上海(オープン=10月)と続き、(スイス室内)バーゼルはスキップ(欠場)しているので」と話した通り、シーズン終盤は毎年のように故障に泣かされているからである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  2. 2

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  8. 8

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  9. 9

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  10. 10

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

もっと見る