日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ライバル欠場で追い風も…錦織の不安は母国開催の負担増

「練習では追い込めているし、準備はしっかりできている。1回戦までにコートに慣れていきたい」――。

 男子テニスの楽天ジャパンオープン(10月3日~=東京・有明)開幕を前に錦織圭(26)が順調な仕上がりぶりをアピールした。昨29日は会場の有明コロシアムで練習を公開。サーブやリターンを入念に確認するなど、約2時間汗を流した。

 今大会は、前年覇者で、先の全米オープン準決勝で敗れた世界ランク3位のスタン・ワウリンカ(31=スイス)、過去の対戦で0勝4敗と苦手とする同64位のファンマルティン・デルポトロ(28=アルゼンチン)のライバル2人が揃って故障で欠場。今大会最高位である5位の錦織が第1シードで臨む。

 2年ぶり3度目の優勝を目指す錦織には追い風となるが、問題は大会終了後だ。錦織本人が「心配なのは(シーズン)後半をケガなく終わったことがない。楽天、上海(オープン=10月)と続き、(スイス室内)バーゼルはスキップ(欠場)しているので」と話した通り、シーズン終盤は毎年のように故障に泣かされているからである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事