菅野徳雄
著者のコラム一覧
菅野徳雄日本ゴルフジャーナリスト協会顧問

1938年生まれ。岩手県出身。立教大卒。1964年からゴルフ雑誌の編集にたずさわり、中村寅吉をはじめ、河野高明、安田春雄、杉本英世、尾崎将司など、数多くのトッププレーヤーを取材。わかりやすい技術論と辛口の評論で知られる。「ゴルフ・トッププロのここを学べ」「ゴルフスウィングの決め手」「即習ゴルフ上達塾」などの著書がある。

タフなコースで試合をやると日本人プロはボロが出る

公開日: 更新日:
日本ツアー賞金トップの池田勇太(左)も松山英樹に完敗(C)日刊ゲンダイ

 プロのトーナメントを開催するコースは優れたプレーヤーを育てる役割も担っている。日本ツアーの開催コースはティーショットを曲げてバンカーやラフに入れても楽にグリーンに乗せられる。グリーンを外しても難なく寄せてパーを取れる。

 これでは世界で戦える優れた…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  5. 5

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  6. 6

    「東京アラート」は音なし…小池都知事は再選に向け蠢動中

  7. 7

    テラハ問題でも変らない バラエティーの常識は世の非常識

  8. 8

    議事録を残さないのは議論を隠蔽して闇に葬り去るためか

  9. 9

    国民の怒り再燃 全戸配布で沸き起こる“アベノマスクの乱”

  10. 10

    MLBが報酬巡り迷走 エ軍大谷はどっちに転んでもひとり勝ち

もっと見る