4回転3本決めた 宇野昌磨が自己ベストでGP2度目の制覇

公開日:  更新日:

 男子の新鋭が圧巻の演技で今季初戦を制した。

 フィギュアスケートのGPシリーズ「スケートアメリカ」(シカゴ)最終日は23日(日本時間24日)、男子フリーを行い、SP1位の宇野昌磨(18=中京大)が全体トップの190.19点をマークし、合計279.34点で優勝。宇野は昨季のフランス杯を制したが、テロの影響でSPのみの実施だったため、両種目を行う通常の大会では初勝利を挙げた。

 宇野は今季初戦ながら、相次いで大技を披露した。今年4月に世界で初めて成功させた4回転フリップを難なく決めると、続く4回転トーループも完璧にこなす。後半には4回転トーループ、2回転トーループの連続ジャンプも決めてスタンドの観衆を魅了した。

 観衆が固唾をのんで見守る中、実施した終盤の3連続ジャンプの最初のトリプルアクセル(3回転半)で転倒。ノーミスの演技とはならなかったものの、スケーティング技術や表現力が高く評価されて2位以下に10点以上の大差をつけて表彰台の真ん中に立った。

 シニア転向2年目のGPシリーズ初戦を制した宇野は「他の人の失敗ではなく、自分の実力を出し切って勝てたのでうれしい」と笑顔を見せた。終盤の転倒については「目指すところは完璧な演技。大きなミスをしたので少し悔しい」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る