4回転3本決めた 宇野昌磨が自己ベストでGP2度目の制覇

公開日: 更新日:

 男子の新鋭が圧巻の演技で今季初戦を制した。

 フィギュアスケートのGPシリーズ「スケートアメリカ」(シカゴ)最終日は23日(日本時間24日)、男子フリーを行い、SP1位の宇野昌磨(18=中京大)が全体トップの190.19点をマークし、合計279.34点で優勝。宇野は昨季のフランス杯を制したが、テロの影響でSPのみの実施だったため、両種目を行う通常の大会では初勝利を挙げた。

 宇野は今季初戦ながら、相次いで大技を披露した。今年4月に世界で初めて成功させた4回転フリップを難なく決めると、続く4回転トーループも完璧にこなす。後半には4回転トーループ、2回転トーループの連続ジャンプも決めてスタンドの観衆を魅了した。

 観衆が固唾をのんで見守る中、実施した終盤の3連続ジャンプの最初のトリプルアクセル(3回転半)で転倒。ノーミスの演技とはならなかったものの、スケーティング技術や表現力が高く評価されて2位以下に10点以上の大差をつけて表彰台の真ん中に立った。

 シニア転向2年目のGPシリーズ初戦を制した宇野は「他の人の失敗ではなく、自分の実力を出し切って勝てたのでうれしい」と笑顔を見せた。終盤の転倒については「目指すところは完璧な演技。大きなミスをしたので少し悔しい」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る