4回転3本決めた 宇野昌磨が自己ベストでGP2度目の制覇

公開日: 更新日:

 男子の新鋭が圧巻の演技で今季初戦を制した。

 フィギュアスケートのGPシリーズ「スケートアメリカ」(シカゴ)最終日は23日(日本時間24日)、男子フリーを行い、SP1位の宇野昌磨(18=中京大)が全体トップの190.19点をマークし、合計279.34点で優勝。宇野は昨季のフランス杯を制したが、テロの影響でSPのみの実施だったため、両種目を行う通常の大会では初勝利を挙げた。

 宇野は今季初戦ながら、相次いで大技を披露した。今年4月に世界で初めて成功させた4回転フリップを難なく決めると、続く4回転トーループも完璧にこなす。後半には4回転トーループ、2回転トーループの連続ジャンプも決めてスタンドの観衆を魅了した。

 観衆が固唾をのんで見守る中、実施した終盤の3連続ジャンプの最初のトリプルアクセル(3回転半)で転倒。ノーミスの演技とはならなかったものの、スケーティング技術や表現力が高く評価されて2位以下に10点以上の大差をつけて表彰台の真ん中に立った。

 シニア転向2年目のGPシリーズ初戦を制した宇野は「他の人の失敗ではなく、自分の実力を出し切って勝てたのでうれしい」と笑顔を見せた。終盤の転倒については「目指すところは完璧な演技。大きなミスをしたので少し悔しい」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  5. 5

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  6. 6

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  7. 7

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  8. 8

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

もっと見る