中継ぎ不足の巨人が関心 ソフトバンク森福には“泣き所”も

公開日: 更新日:

 過度な期待は禁物だ。

 4日にFA宣言したソフトバンクの森福允彦(30)。今季は50試合で防御率2.00と活躍し、左腕不足の球団の興味を引いている。中でも山口の衰え著しい巨人が熱心だという。

 問題は起用法だ。森福は会見で「ここ2年間はワンポイントでやってきて、満足できない自分もいた」と話していた。勝負どころで左打者を迎えた際のワンポイントは重要な役割の半面、出番は多いとはいえない。左右関係なく、1イニングを任せられる投手として評価してくれというのだ。

 が、そもそも近年の森福は右打者にめっぽう弱い。昨季、右打者への被打率は.458。これでは到底1イニングを任せることはできず、起用法に悩んだ工藤監督によってワンポイントの役割を与えられた。今季は左右の被打率はともに2割台も、右打者には6人しか投げていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る