中継ぎ不足の巨人が関心 ソフトバンク森福には“泣き所”も

公開日: 更新日:

 過度な期待は禁物だ。

 4日にFA宣言したソフトバンクの森福允彦(30)。今季は50試合で防御率2.00と活躍し、左腕不足の球団の興味を引いている。中でも山口の衰え著しい巨人が熱心だという。

 問題は起用法だ。森福は会見で「ここ2年間はワンポイントでやってきて、満足できない自分もいた」と話していた。勝負どころで左打者を迎えた際のワンポイントは重要な役割の半面、出番は多いとはいえない。左右関係なく、1イニングを任せられる投手として評価してくれというのだ。

 が、そもそも近年の森福は右打者にめっぽう弱い。昨季、右打者への被打率は.458。これでは到底1イニングを任せることはできず、起用法に悩んだ工藤監督によってワンポイントの役割を与えられた。今季は左右の被打率はともに2割台も、右打者には6人しか投げていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

もっと見る