• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハム1位・堀瑞輝は身近な目標達成と父の助言が糧だった

「トンビがタカを生んだとよく言われます」

 広島県呉市出身の父・義和さん(47)はこう言って笑う。

 高校卒業後、専門学校へ。20歳で神奈川県のコンピューター関連の企業に就職するも、バブルがはじけた影響で退職。25歳で呉に戻り、大手不動産会社に就職した。働きながら「宅地建物取引主任者」や「二級建築士」などの資格を取り、現在は営業にも現場にも携わる。「中学時代に陸上を少しやってましたけど、特に運動は……。親きょうだいや親戚にアスリートですか? いや、それが全く……」と義和さんは話す。

 呉市内のスーパーでパートをしている母・直美さん(47)は生後、右利きに直されたが、もともと堀と同じ左利き。しかし、学生時代、運動で目立った経験はなかった。

「アトピーで腕とか顔がかさかさするようになったこともあり、運動をした方がよいと思って3歳から水泳をやらせたのです。小3で始めた野球はわたしがカープファンなので。瑞輝は丸刈りが嫌でサッカーがいいと言ったのですが、地元の軟式チームは丸刈りにしなくてもよかったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  6. 6

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  9. 9

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る