日ハム1位・堀瑞輝は身近な目標達成と父の助言が糧だった

公開日:

「トンビがタカを生んだとよく言われます」

 広島県呉市出身の父・義和さん(47)はこう言って笑う。

 高校卒業後、専門学校へ。20歳で神奈川県のコンピューター関連の企業に就職するも、バブルがはじけた影響で退職。25歳で呉に戻り、大手不動産会社に就職した。働きながら「宅地建物取引主任者」や「二級建築士」などの資格を取り、現在は営業にも現場にも携わる。「中学時代に陸上を少しやってましたけど、特に運動は……。親きょうだいや親戚にアスリートですか? いや、それが全く……」と義和さんは話す。

 呉市内のスーパーでパートをしている母・直美さん(47)は生後、右利きに直されたが、もともと堀と同じ左利き。しかし、学生時代、運動で目立った経験はなかった。

「アトピーで腕とか顔がかさかさするようになったこともあり、運動をした方がよいと思って3歳から水泳をやらせたのです。小3で始めた野球はわたしがカープファンなので。瑞輝は丸刈りが嫌でサッカーがいいと言ったのですが、地元の軟式チームは丸刈りにしなくてもよかったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る