日ハム1位・堀瑞輝は身近な目標達成と父の助言が糧だった

公開日:

「トンビがタカを生んだとよく言われます」

 広島県呉市出身の父・義和さん(47)はこう言って笑う。

 高校卒業後、専門学校へ。20歳で神奈川県のコンピューター関連の企業に就職するも、バブルがはじけた影響で退職。25歳で呉に戻り、大手不動産会社に就職した。働きながら「宅地建物取引主任者」や「二級建築士」などの資格を取り、現在は営業にも現場にも携わる。「中学時代に陸上を少しやってましたけど、特に運動は……。親きょうだいや親戚にアスリートですか? いや、それが全く……」と義和さんは話す。

 呉市内のスーパーでパートをしている母・直美さん(47)は生後、右利きに直されたが、もともと堀と同じ左利き。しかし、学生時代、運動で目立った経験はなかった。

「アトピーで腕とか顔がかさかさするようになったこともあり、運動をした方がよいと思って3歳から水泳をやらせたのです。小3で始めた野球はわたしがカープファンなので。瑞輝は丸刈りが嫌でサッカーがいいと言ったのですが、地元の軟式チームは丸刈りにしなくてもよかったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る