• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東洋大・酒井監督 青学に宣戦布告「箱根にプライドある」

 箱根駅伝まであと3週間を切った12日、東洋大学陸上競技部が壮行会を開催。長距離部門の酒井俊幸監督(40)が壇上で繰り返し口にしたのは、「青学さん」という言葉だった。言わずもがな、15、16年に完全優勝という形で連覇を果たした青山学院大のことである。

「(昨年の)2位では満足しない。打倒、青学大を宣言しなければならない」と話すと、「青学さんは経験者が強い。先手、先手でいかないと。青学さんは6、7区で勝負をかけてくると思う」と徹底した「青学マーク」を隠そうとしなかった。

 青学は数年前まで駅伝強豪校といわれるには程遠かった。09年、33年ぶりの出場を果たすも、そのときの優勝は東洋大。翌年も東洋大が連覇し、12、14年は完全優勝。5区で4年連続の区間賞に加え区間記録を3度更新した元祖「山の神」柏原竜二(27)の存在もあり、常勝校のイメージは東洋大の方が強かった。しかし、青学は15年の初優勝以降、原晋監督(49)の練習方法や人心掌握術がクローズアップされ、箱根の“顔”を名実共に奪われた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る