羽川豊
著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

石川遼は反省も…中途半端なスイング改造やめた方がいい

公開日:
今季は不調が続く(C)AP

 米ツアーのバルスパー選手権に出場した石川遼が、最終日進出の69選手中最下位に終わりました。

 この日はバーディーなしの、6ボギー、2ダブルボギーの81と4日間ワースト。通算12オーバーは首位と26打差でした。

 公傷制…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  5. 5

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  6. 6

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る