伸び悩む日本マラソン 海外に学ばなければ何も変わらない

公開日: 更新日:

 日本陸上競技連盟(以下陸連)は今日17日、8月の世界陸上選手権のマラソン代表を発表する。男子は川内優輝(30=福岡国際3位・日本人1位)、井上大仁(24=東京8位・日本人1位)、中本健太郎(34=別府大分1位)が濃厚。女子は、名古屋で派遣記録を突破した安藤友香(23=名古屋2位・同1位)は決定。残る2人は、重友梨佐(29=大阪国際1位)と清田真央(23=名古屋3位・同2位)らが有力視されている。

 女子は初マラソンで、2時間21分台の記録を出した安藤の登場で、陸連も今後の活躍に期待が膨らむ。国内レースの21分台は10年ぶりだ。

 世界では2時間切りも見えてきた男子だが、国内では2時間8分台さえ珍しく、まったく光が見えない。日本実業団陸上競技連合(以下陸上連合)が、男女とも日本記録(男子2時間6分16秒、女子2時間19分12秒)を更新すれば1億円の報奨金を出すといっても効果なしだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  9. 9

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

  10. 10

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る