ハム&ソフト2強打破へ パ4球団は開幕ダッシュあるのみ

公開日: 更新日:

「ウチらが優勝を狙うには、開幕からまくるしかない」

 こう話すのは、あるパ球団のコーチ。「ウチら」とは日本ハムソフトバンクを除く4球団のことだ。

 日本だけではなく他国の代表選手も含め、WBCに派遣した選手が最も多かったのが、ソフトバンクの7人。次いで日本ハムの6人だ。一方、他のパ球団は西武が3人、楽天ロッテが2人、オリックスが1人だった。

 今季も昨季同様、パは日本ハムとソフトバンクの優勝争いに、他球団がどこまで食い込めるかが焦点となっている。

「だからこそ、開幕スタートダッシュを狙うしかない。WBCに出場した選手は疲労もあるので、開幕当初はソフト、日ハムともに本来の実力を発揮できないはず。差をつけるなら開幕直後しかない」とは冒頭のコーチ。

 もっとも、WBC疲れがあったとしても、チームの実力差は一目瞭然。パ4球団は目立った補強もなく、ロッテに至っては4番のデスパイネをソフトバンクに奪われる始末だ。どう転んでもパは最終的に2強の争いになりそうだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  7. 7

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

  10. 10

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

もっと見る