プロ入りか大学進学か…早実・清宮めぐる“綱引き”の行方

公開日: 更新日:

 在京球団のあるスカウトの見方はこうだ。

「最後の夏に甲子園に出場、甲子園でも本塁打を打ちまくって早実が上位に進出するようなことになれば、これまでのフィーバーぶりに輪をかけた大騒ぎになる。過去の例をみても、プロでスターになった大物は、必ずと言っていいくらい甲子園で活躍しています。松井秀喜しかり、松坂しかり、です。最後の夏に甲子園で大暴れする条件をクリアすれば、世間の空気もプロ入りを後押しする。そうなれば早大側も諦めざるを得ない。が、清宮がふるわず、早実が西東京大会予選で早々と姿を消すようであれば事情も変わってくる」

 27日対戦する日大三は、早実が夏の西東京大会を制するうえで最大のライバル。夏に向けた前哨戦であると同時に、清宮にとっては自身の進路に大きく影響する試合になりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    松坂は“腫れ物”に…古巣西武から聞こえるレジェンドの評判

  4. 4

    ソフトB復帰の城島氏 “権限なし長い肩書”はイチローが参考

  5. 5

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  6. 6

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  9. 9

    設楽vs大迫3.1東マラ対決 “五輪代表辞退”で勃発する大事件

  10. 10

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る