• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小野寺誠プロが待った! そのゴルフ常識が上達を阻んでる

頭は残さなくていい

 アマチュアがスライス、トップ、ダフリのミスをすると、決まって「ヘッドアップしている」と注意される。

 しかしミスの多くは、上体の力みによって始動からフィニッシュまで肩の回転が少ないために起きている。

「頭を残せ」と指摘されヘッドアップを抑制すれば、余計に肩の回転が小さくなって、手打ちになるばかりかクラブを振り切れなくなる。

 だから、体の回転運動に合わせて胸と顔を同じ面(同じ方向)にしたまま、右に左にもっと動かしていい。頭を残したまま肩を回そうとすれば、首周辺にストレスをかけることになり、かえって回転運動を邪魔することになる。

 インパクト以降、胸と顔を一緒に目標方向に回すぐらいのイメージが大事で、クラブが振り切れてミート率がアップ、飛距離アップが望める。

 だから「頭を残す」ことは、考えなくてもいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る