小野寺誠プロが待った! そのゴルフ常識が上達を阻んでる

公開日:

頭は残さなくていい

 アマチュアがスライス、トップ、ダフリのミスをすると、決まって「ヘッドアップしている」と注意される。

 しかしミスの多くは、上体の力みによって始動からフィニッシュまで肩の回転が少ないために起きている。

「頭を残せ」と指摘されヘッドアップを抑制すれば、余計に肩の回転が小さくなって、手打ちになるばかりかクラブを振り切れなくなる。

 だから、体の回転運動に合わせて胸と顔を同じ面(同じ方向)にしたまま、右に左にもっと動かしていい。頭を残したまま肩を回そうとすれば、首周辺にストレスをかけることになり、かえって回転運動を邪魔することになる。

 インパクト以降、胸と顔を一緒に目標方向に回すぐらいのイメージが大事で、クラブが振り切れてミート率がアップ、飛距離アップが望める。

 だから「頭を残す」ことは、考えなくてもいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る