• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小野寺誠プロが待った! そのゴルフ常識が上達を阻んでる

頭は残さなくていい

 アマチュアがスライス、トップ、ダフリのミスをすると、決まって「ヘッドアップしている」と注意される。

 しかしミスの多くは、上体の力みによって始動からフィニッシュまで肩の回転が少ないために起きている。

「頭を残せ」と指摘されヘッドアップを抑制すれば、余計に肩の回転が小さくなって、手打ちになるばかりかクラブを振り切れなくなる。

 だから、体の回転運動に合わせて胸と顔を同じ面(同じ方向)にしたまま、右に左にもっと動かしていい。頭を残したまま肩を回そうとすれば、首周辺にストレスをかけることになり、かえって回転運動を邪魔することになる。

 インパクト以降、胸と顔を一緒に目標方向に回すぐらいのイメージが大事で、クラブが振り切れてミート率がアップ、飛距離アップが望める。

 だから「頭を残す」ことは、考えなくてもいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事