小野寺誠プロが待った! そのゴルフ常識が上達を阻んでる

公開日:

頭は残さなくていい

 アマチュアがスライス、トップ、ダフリのミスをすると、決まって「ヘッドアップしている」と注意される。

 しかしミスの多くは、上体の力みによって始動からフィニッシュまで肩の回転が少ないために起きている。

「頭を残せ」と指摘されヘッドアップを抑制すれば、余計に肩の回転が小さくなって、手打ちになるばかりかクラブを振り切れなくなる。

 だから、体の回転運動に合わせて胸と顔を同じ面(同じ方向)にしたまま、右に左にもっと動かしていい。頭を残したまま肩を回そうとすれば、首周辺にストレスをかけることになり、かえって回転運動を邪魔することになる。

 インパクト以降、胸と顔を一緒に目標方向に回すぐらいのイメージが大事で、クラブが振り切れてミート率がアップ、飛距離アップが望める。

 だから「頭を残す」ことは、考えなくてもいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る