WBC活躍の源? ヤクルト山田哲人が再会したメジャーの味

公開日:

 日本代表として最初に打席に立った。「相手投手の球筋を観察したい」という理由で「1番」を嫌う山田だが、初戦と2戦目は1番に座り、2次ラウンドのキューバ戦では先頭打者ホームランを放った。これまでもメジャーへの色気を見せてきたが、決勝ラウンドの舞台、ドジャースタジアムについて聞くと、こう答えた。

「思っていたよりも狭くて驚きはなかった。確かに日本よりはキレイで広いけど、感動はなかった。ロッカールームの中にテレビが10個くらいあったのは違和感を覚えました。正直、そんなにいる? と思いましたね」

 イマイチ感動が薄いワケは、山田が参加した2010年の日米親善高校野球まで遡る。山田は選抜チームの一員として、元阪神の一二三慎太(24=当時、東海大相模)らとドジャースタジアムを訪れ、当時ドジャースにいた黒田博樹と握手。感動したのは、スタンドでフィリーズとの試合を観戦しながらほおばった「In―N―Out(インアンドアウト)」のハンバーガーだった。米国内でも西海岸にしかない「メジャーの味」に、「高校のときに食べておいしかったので。ドジャースタジアムといえば、というイメージがある」と話す。

 3年前のオフ、「寝る前にマクドナルドのチーズバーガーを食べて増量に成功」と報じられて「体に悪い」と“炎上”したトラウマもあるが、前人未到の3年連続トリプルスリーを狙う山田にとってはエネルギーの源。WBCの活躍もアメリカ産ハンバーガーのおかげかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る