WBC活躍の源? ヤクルト山田哲人が再会したメジャーの味

公開日:

 日本代表として最初に打席に立った。「相手投手の球筋を観察したい」という理由で「1番」を嫌う山田だが、初戦と2戦目は1番に座り、2次ラウンドのキューバ戦では先頭打者ホームランを放った。これまでもメジャーへの色気を見せてきたが、決勝ラウンドの舞台、ドジャースタジアムについて聞くと、こう答えた。

「思っていたよりも狭くて驚きはなかった。確かに日本よりはキレイで広いけど、感動はなかった。ロッカールームの中にテレビが10個くらいあったのは違和感を覚えました。正直、そんなにいる? と思いましたね」

 イマイチ感動が薄いワケは、山田が参加した2010年の日米親善高校野球まで遡る。山田は選抜チームの一員として、元阪神の一二三慎太(24=当時、東海大相模)らとドジャースタジアムを訪れ、当時ドジャースにいた黒田博樹と握手。感動したのは、スタンドでフィリーズとの試合を観戦しながらほおばった「In―N―Out(インアンドアウト)」のハンバーガーだった。米国内でも西海岸にしかない「メジャーの味」に、「高校のときに食べておいしかったので。ドジャースタジアムといえば、というイメージがある」と話す。

 3年前のオフ、「寝る前にマクドナルドのチーズバーガーを食べて増量に成功」と報じられて「体に悪い」と“炎上”したトラウマもあるが、前人未到の3年連続トリプルスリーを狙う山田にとってはエネルギーの源。WBCの活躍もアメリカ産ハンバーガーのおかげかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る