因縁“妖精対決” シャラポワがブシャールに2回戦で敗れる

公開日: 更新日:

 テニスのマドリード・オープンは8日(日本時間9日未明)、女子シングルス2回戦を行い、元世界女王のマリア・シャラポワ(30=ロシア)が世界ランク60位のウージニー・ブシャール(23=カナダ)にセットカウント1-2で敗れた。

 テニス界を代表する美女として知られるこの2人、大会前には舌戦を繰り広げてきた。ブシャールはシャラポワが4月に出場停止処分から復帰した際に「正しいこととは思わない。彼女はペテン師」と批判。これにシャラポワは「私は格上だから何も言うことはない」と応酬した。

「格上」はブシャールだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2横綱1大関に続き朝乃山も撃破 好調遠藤を支える謎の新妻

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  4. 4

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

  5. 5

    仮出所した中江滋樹を高級車で迎えた意外な人物とは?

  6. 6

    地上波から消えた不当を証明した「新しい地図」のスター感

  7. 7

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  8. 8

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  9. 9

    「パンクで遅刻する」上司に送ったビミョーすぎる証拠画像

  10. 10

    AAA活動休止発表で“シンボル”を失うエイベックスの痛手

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る