バド世界国別対抗初Vへ リオ銅・奥原の復調がカギ握る

公開日:

 昨夏のリオ五輪では金と銅メダル獲得で大躍進を果たしたバドミントン。リオ以来となる世界の大舞台での成績は、銅メダリストの復調にかかっている。

 9日、バドミントン日本代表が男女混合国別対抗戦スディルマンカップ(21日開幕、豪州・ゴールドコースト)に向けた練習を公開。女子ダブルス金メダルの高橋、松友組ら男女の代表選手が約2時間、汗を流した。前回2015年の中国大会では史上初の準優勝。今大会は初優勝を目指し、過去最多の16人で臨むが、日本の上位進出を左右しかねないのが、リオ五輪女子シングルス銅メダルの奥原希望(22)だ。

 昨年12月の全日本総合選手権で右肩を痛めて途中棄権。その後、1カ月間はラケットを握ることさえできなかった。今年2月の全英オープンで復帰したものの初戦敗退。今年に入ってスーパーシリーズ4大会に出場し、マレーシア・オープンの4強が最高で表彰台から遠ざかっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る