• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

連勝ストップ広島に「リーグ最多四球」の重圧のしかかる

 自滅だった。

 1日の西武戦に先発した岡田明丈(23)。2点リードの四回、先頭の秋山と2番の源田に連続四球を許すと、続く浅村には死球を与えて無死満塁。併殺打の間に1点を返され、栗山の中前打で同点に追い付かれた。岡田は五回にも2点を奪われ、広島の連勝は7でストップした。

 敗因のひとつは四回の3者連続を含む5つの与四死球だ。完投負けの岡田は「(四回は)先頭を出したところで力んでしまった。修正して次に生かせたら」と下を向いた。

 1日現在、セの首位にいる広島の不安要素のひとつは、与四死球数の多さだろう。目下、リーグワーストの「213(敬遠を除く)」。これに頭を抱えた畝投手コーチは5月初旬に監督、コーチ、投手陣を集めて緊急ミーティングを開いたという。

「四球は交流戦に入っても気を付けないといけない部分。技術うんぬんというよりも、四球数がリーグワーストだからという数字が先にあるので、自分が抑えなきゃという気持ちが空回りしてしまっている。精神的な部分が大きいので、そこをケアしながらやっていかないといけない。バッターが打ってくれる分、助かっているところもあるので、(点が取れないときに)自滅という形は避けないと」とは畝コーチ。

 打線が2点しか取れなかった昨夜は、図らずも「四球で自滅」という弱点を露呈した格好だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  10. 10

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

もっと見る