• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「川相3軍監督を1軍に」11連敗の巨人へOB広岡氏が打開策

「高橋(由伸)監督は現役をやめてすぐに監督になった。指導者としての下積みがないのに、やれという方が無理な話です。任命する方が悪い。ファンをバカにしていますよ」。こう言うのは、巨人の重鎮OBである広岡達朗氏(85)。昨6日の西武戦に敗れて球団史上ワーストタイの11連敗。中日に抜かれて5位に転落した。そんな巨人の現状をどう打開すべきか。再建策を聞いた。

 ◇  ◇  ◇

 この日、日本ハムからFAで移籍してきた陽岱鋼が初めて1軍で出場しました。今まで何をしていたんだ、と言いたくなります。キャンプ早々にケガをしてここまで休んで、昔の巨人なら許されませんよ。私が現役のころ、大投手の金田正一が国鉄(現ヤクルト)から巨人に移籍してきた。練習も一生懸命やるし、体にも細心の注意を払う。そんな姿を見て、助けてやりたいと思ったものです。

 今年の巨人はこの陽をはじめ、投手ではDeNAから山口俊、ソフトバンクから森福をFAで獲得しました。いくら勝たなければいけないといっても、外から取って取って取りまくり、それも故障者ばかり。本当なら(堤)GMはクビです。村田なんて年俸2億円以上ももらっている選手なのにベンチを温める試合が多い。三塁でマギーと競争させればいいんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る