「川相3軍監督を1軍に」11連敗の巨人へOB広岡氏が打開策

公開日: 更新日:

「高橋(由伸)監督は現役をやめてすぐに監督になった。指導者としての下積みがないのに、やれという方が無理な話です。任命する方が悪い。ファンをバカにしていますよ」。こう言うのは、巨人の重鎮OBである広岡達朗氏(85)。昨6日の西武戦に敗れて球団史上ワーストタイの11連敗。中日に抜かれて5位に転落した。そんな巨人の現状をどう打開すべきか。再建策を聞いた。

 ◇  ◇  ◇

 この日、日本ハムからFAで移籍してきた陽岱鋼が初めて1軍で出場しました。今まで何をしていたんだ、と言いたくなります。キャンプ早々にケガをしてここまで休んで、昔の巨人なら許されませんよ。私が現役のころ、大投手の金田正一が国鉄(現ヤクルト)から巨人に移籍してきた。練習も一生懸命やるし、体にも細心の注意を払う。そんな姿を見て、助けてやりたいと思ったものです。

 今年の巨人はこの陽をはじめ、投手ではDeNAから山口俊、ソフトバンクから森福をFAで獲得しました。いくら勝たなければいけないといっても、外から取って取って取りまくり、それも故障者ばかり。本当なら(堤)GMはクビです。村田なんて年俸2億円以上ももらっている選手なのにベンチを温める試合が多い。三塁でマギーと競争させればいいんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る