「川相3軍監督を1軍に」11連敗の巨人へOB広岡氏が打開策

公開日: 更新日:

「高橋(由伸)監督は現役をやめてすぐに監督になった。指導者としての下積みがないのに、やれという方が無理な話です。任命する方が悪い。ファンをバカにしていますよ」。こう言うのは、巨人の重鎮OBである広岡達朗氏(85)。昨6日の西武戦に敗れて球団史上ワーストタイの11連敗。中日に抜かれて5位に転落した。そんな巨人の現状をどう打開すべきか。再建策を聞いた。

 ◇  ◇  ◇

 この日、日本ハムからFAで移籍してきた陽岱鋼が初めて1軍で出場しました。今まで何をしていたんだ、と言いたくなります。キャンプ早々にケガをしてここまで休んで、昔の巨人なら許されませんよ。私が現役のころ、大投手の金田正一が国鉄(現ヤクルト)から巨人に移籍してきた。練習も一生懸命やるし、体にも細心の注意を払う。そんな姿を見て、助けてやりたいと思ったものです。

 今年の巨人はこの陽をはじめ、投手ではDeNAから山口俊ソフトバンクから森福をFAで獲得しました。いくら勝たなければいけないといっても、外から取って取って取りまくり、それも故障者ばかり。本当なら(堤)GMはクビです。村田なんて年俸2億円以上ももらっている選手なのにベンチを温める試合が多い。三塁でマギーと競争させればいいんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る