疑問噴出 サントリーLはまるで宮里藍“引退セレモニー”

公開日: 更新日:

 フジテレビは「4歳から始めたゴルフの集大成。最終ラウンドへ」と、日曜日は放送開始の午後4時から40分間近く、16番ホールから宮里のプレーだけを録画中継した。

 肝心の優勝争いは、キム・ハヌルと堀琴音(21)の上がり2ホールを申し訳程度に流しただけ。試合そっちのけの中継や報道のおかしさについて、スポーツ紙OBで50年近く取材活動を続けるゴルフ評論家の児島宏氏がこう指摘する。

「アン・シネが日本の試合に初出場した時もそうだった。ゴルフ内容よりも、ひざ上30センチのミニスカートなどお色気ばかりを取り上げていた。今回も引退会見から始まった宮里フィーバーに乗り遅れるなとばかりにスポーツマスコミは騒いでいる。スポーツ紙も宮里記事に大きなスペースを割くのなら、なぜ引退しなければいけなかったのか、ファンが知りたいところをしっかり書く記者がいてもよかった。引退を持ち上げているだけでは物足りない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  2. 2

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  3. 3

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  4. 4

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  5. 5

    巨人・上原監督の可能性は?“生え抜きエース”の条件クリア

  6. 6

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  7. 7

    今オフにもポスティング 広島・菊池涼介メジャーでの値段

  8. 8

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  9. 9

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  10. 10

    大船渡・佐々木 1球も投げず初戦敗退で浮上する“故障疑惑”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る