女子レス58kg級V「ポスト伊調」坂上嘉津季が抱える課題

公開日: 更新日:

「世界で一番、強いチーム(至学館大学)で練習しているので自信はあります」――。

 世界選手権(8月=パリ)の選考会を兼ねたレスリングの全日本選抜選手権(東京・代々木第2体育館)が16日に開幕。女子58キロ級を制して、代表内定を勝ち取った坂上嘉津季(24=ALSOK)が自信たっぷりに話した。

 五輪4連覇中の伊調馨(33)が欠場したとはいえ、初戦から決勝までの3試合すべてで無失点のテクニカルフォール勝ちを収めて世界選手権の出場切符を手にした。

 千葉県出身の坂上は中学時代に女子のジュニア大会である「クイーンズカップ」で優勝。女子レスリングの名門、愛知の至学館高、至学館大と進み、リオ五輪メダリストの登坂絵莉(23)、川井梨紗子(22)ら同年代の選手と汗を流し、腕を磨いた。今大会の優勝で「ポスト伊調」に名乗りを上げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  3. 3

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  4. 4

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  5. 5

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  6. 6

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  7. 7

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  8. 8

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  9. 9

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る