阪神・福留が意地の一発 金本監督の代打構想に必死の抵抗

公開日: 更新日:

 貧打に悩む阪神打線の中で存在感を発揮した。

 3番の福留孝介(40)が昨2日の広島戦、三回に一時同点となる2ランを放つなど、広島の優勝マジック点灯を阻止する働きを見せた。

 その福留は今オフ、間違いなく転機を迎える。年俸2億3000万円の1年契約が満了するからだ。

「この日は広島に一矢を報いたが、10ゲーム差をつけられる現状、今季のV逸は決定的です。金本監督はすでに、坂井オーナーから続投要請をされており、このまま続投すれば来季は就任3年目を迎える。自身が掲げた勝ちながら育てるという方針の中で勝負の年になる。来季41歳を迎える福留は決して、レギュラーの座は安泰とはいえないのが現状のようです」

 とは、さる阪神OB。

「金本監督は昨オフ、福留に一塁コンバートを打診した。右翼で勝負したいという福留の意思を尊重して立ち消えになったが、金本監督としては外野には高山、中谷、大山といった若手を使ってチームの若返りを図り、勝負をかけたいと考えている。今年は福留を休み休みの起用にしたり、本職の右翼ではなく左翼を守らせる機会が増えたりしているが、来季は福留を、空席が続いている代打の切り札として起用したいとの構想もあるようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

  10. 10

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

もっと見る