阪神・福留が意地の一発 金本監督の代打構想に必死の抵抗

公開日:

 貧打に悩む阪神打線の中で存在感を発揮した。

 3番の福留孝介(40)が昨2日の広島戦、三回に一時同点となる2ランを放つなど、広島の優勝マジック点灯を阻止する働きを見せた。

 その福留は今オフ、間違いなく転機を迎える。年俸2億3000万円の1年契約が満了するからだ。

「この日は広島に一矢を報いたが、10ゲーム差をつけられる現状、今季のV逸は決定的です。金本監督はすでに、坂井オーナーから続投要請をされており、このまま続投すれば来季は就任3年目を迎える。自身が掲げた勝ちながら育てるという方針の中で勝負の年になる。来季41歳を迎える福留は決して、レギュラーの座は安泰とはいえないのが現状のようです」

 とは、さる阪神OB。

「金本監督は昨オフ、福留に一塁コンバートを打診した。右翼で勝負したいという福留の意思を尊重して立ち消えになったが、金本監督としては外野には高山、中谷、大山といった若手を使ってチームの若返りを図り、勝負をかけたいと考えている。今年は福留を休み休みの起用にしたり、本職の右翼ではなく左翼を守らせる機会が増えたりしているが、来季は福留を、空席が続いている代打の切り札として起用したいとの構想もあるようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る