米に零封負けの悔しさ なでしこ阪口「十分警戒しても…」

公開日:  更新日:

 なでしこジャパンは日本時間4日、米国西海岸で開催された「トーナメント オブ ネーションズ」でアメリカに0―3で完敗。未勝利(1分け2敗)で大会を終えた。「(ボールの)奪われ方が悪い……っていつも言ってますね」。苦笑しながら、珍しく悔しさを隠そうとしなかったのはベレーザMF阪口夢穂だ。

 2戦目までベンチから戦況を見守った背番号10はフワリとしたディフェンス裏へのパス、鋭いグラウンダーのパス、ダイレクトパス、ワンタッチパス……と攻撃のリズムに変化をつけながら、あの手この手で前線への配球を試みたが、ピンチは必ず、その攻撃が乗り始めた頃、自分たちのミスに乗じてやってくる。

「アメリカのストロングポイントは分かっていますが、十分に警戒してもやられる……。つらいですね」(阪口)。残念ながら、これがなでしこジャパンの現在地である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る