• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マッチプレー4強進出の片山を悩ますグリーン上での“持病”

【ISSPハンダ マッチプレー選手権】

 ツアー30勝の片山晋呉(44)が準々決勝で塚田陽亮(32)を6&4で下して4強入りを決めた。前日4回戦は宋永漢(26)と27ホールもの長丁場だったが、この日(8日)は4ホール残して早く決着がついた。

「負けると思ったけど、逆にこんなに早く勝てるとはね。(マッチプレーは)相手との勝負。相手次第で打ち方や戦略、クラブが替わることもある。(ハーフターン後の10番で)3アップになってからは相手に取られないように、ボギーを打たないように考えた」(片山)

 練習オタク、用具オタクとも呼ばれる片山のゴルフ理論は奥が深く、スイングを語らせたらいつまでも止まらないことで有名だ。それがマッチプレーで奏功している。

 よく知る関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事