CSでも投手力不足露呈 ベイはドラフト“清宮撤退”に現実味

公開日: 更新日:

「中畑清前監督を持ち出すまでもなく、親会社はファンに向けた情報発信力を大事にしている。それでいうと、実力はもちろん、話題性も十二分にあり、適役ではあるんですが……」

 26日に迫るドラフト会議。DeNAが1位候補に挙げる清宮幸太郎(早実)について、ベイスターズOBのひとりがこう言うのだ。

「清宮は将来的なメジャー挑戦を視野に入れる主砲・筒香(25)の後継者になれるかもしれない。ただ、DeNAは来季が創設7年目。球界参入時には『3年でCS出場、5年で優勝』という目標を掲げてきた。今季は2年連続の3位でラミレス監督が1年契約で続投。来季は悲願の優勝に向けて勝負の年になる。そのためにはリーグ4位のチーム防御率3.81だった投手の強化が必要不可欠。それはCSの戦いを見ても明らかです。ドラフト1位で即戦力投手にいく可能性はあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る