三浦監督は“最速解任” 新潟フロント怠慢でJ2降格も想定内

公開日: 更新日:
頬もげっそり…(5月5日の川崎戦)(C)Norio ROKUKAWA/Office La Stradada

 17年シーズンの最速解任監督の不名誉な称号を授かったのは、前年シーズンにJ2長野で指揮を執り、新潟に引き抜かれた三浦文丈・元日本代表MF(47)である。 

 開幕10試合で1勝2分け7敗とつまずき、5月7日に休養することが発表された。その4日後に元…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

もっと見る