大迫傑だけじゃない 今年の福岡国際は有名選手がゾロゾロ

公開日:

 3日に行われた東日本実業団対抗駅伝はホンダが2年ぶりに優勝。13位までが来年元日の全日本大会(ニューイヤー駅伝)の出場権を獲得した。

 例年は元日のこの駅伝に備えて、回避する選手がいる12月の福岡国際マラソンはいまひとつ盛り上がりに欠ける大会だが、今年(3日号砲)は昨年3位の川内優輝(30)をはじめ、有名選手が多数出場。日本記録(2時間6分16秒)の更新は無理でも、おもしろいレースになりそうだ。

 一番の注目は、トラックからマラソンに転向した大迫傑(26)だ。今年4月、初マラソンのボストンでいきなり3位に入り、日本人では瀬古利彦(現・陸連マラソン強化戦略プロジェクトリーダー)以来となる表彰台に立った。

 他には、青学時代に箱根駅伝で「山の神」と呼ばれた神野大地(24)。やはり東洋大時代に箱根で活躍し、この日の実業団駅伝を走った設楽啓太(25)。リオ五輪16位の佐々木悟(32)、1万メートルのスペシャリスト佐藤悠基(30)、ケニア出身で今年のロンドン3位のビダン・カロキ(27)、大会連覇を狙うイエマネ・ツェガエ(32・エチオピア)たちだ。東京五輪代表につながるレースだけに、経験不足の若手も必死で走る。

 ちなみに、昨年の優勝タイムはツェガエの2時間8分48秒。8分台後半なら日本選手でも抜けない記録ではないのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る