大迫傑だけじゃない 今年の福岡国際は有名選手がゾロゾロ

公開日: 更新日:

 3日に行われた東日本実業団対抗駅伝はホンダが2年ぶりに優勝。13位までが来年元日の全日本大会(ニューイヤー駅伝)の出場権を獲得した。

 例年は元日のこの駅伝に備えて、回避する選手がいる12月の福岡国際マラソンはいまひとつ盛り上がりに欠ける大会だが、今年(3日号砲)は昨年3位の川内優輝(30)をはじめ、有名選手が多数出場。日本記録(2時間6分16秒)の更新は無理でも、おもしろいレースになりそうだ。

 一番の注目は、トラックからマラソンに転向した大迫傑(26)だ。今年4月、初マラソンのボストンでいきなり3位に入り、日本人では瀬古利彦(現・陸連マラソン強化戦略プロジェクトリーダー)以来となる表彰台に立った。

 他には、青学時代に箱根駅伝で「山の神」と呼ばれた神野大地(24)。やはり東洋大時代に箱根で活躍し、この日の実業団駅伝を走った設楽啓太(25)。リオ五輪16位の佐々木悟(32)、1万メートルのスペシャリスト佐藤悠基(30)、ケニア出身で今年のロンドン3位のビダン・カロキ(27)、大会連覇を狙うイエマネ・ツェガエ(32・エチオピア)たちだ。東京五輪代表につながるレースだけに、経験不足の若手も必死で走る。

 ちなみに、昨年の優勝タイムはツェガエの2時間8分48秒。8分台後半なら日本選手でも抜けない記録ではないのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  7. 7

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  8. 8

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  9. 9

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  10. 10

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

もっと見る