ヤンキース新監督「オオタニを取れなかったのは残念」

公開日: 更新日:

 来季からヤンキースの指揮を執るアーロン・ブーン新監督(44)が6日、本拠地ヤンキースタジアムで会見。「ヤンキースは勝てるチャンスがある。このチームをより高いレベルに押し上げたい」と抱負を口にした。

 新指揮官の船出とはいえ、ニューヨークのメディアからはチームが獲得に失敗した大谷に関する質問が集中。

 交渉のテーブルにすら着けなかったことを聞かれたブーン新監督は「キャッシュマン(GM)を呼んで、こう言ったんだ。『あなたのためにオオタニを取ってあげられなくて、とても残念だ。私が監督になってもオオタニの心には響かなかったようだ』」と冗談交じりに話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  6. 6

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  7. 7

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  10. 10

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

もっと見る