エース羽生不在も宇野昌磨2位 日本勢連覇「5」でストップ

公開日:

 その差、わずか「0.5」――。

 8日のフィギュアスケートグランプリ(GP)ファイナルで、宇野昌磨(19)は惜しくも銀メダル。優勝したネイサン・チェン(18)との差はたった0.50点だった。

 ショートプログラム(SP)ではトップのチェンに続く1.81点差の2位と、逆転不可能な数字ではなかったはず。先に滑走したチェンが4回転ジャンプを6本入れた構成で挑むも、転倒を含むミスを連発。合計286.51点と点数が伸びなかった。

 しかし、トリの宇野も冒頭の4回転ループで転倒。フリーでは184.50点でトップに立つも、逆転Vとはならなかった。

 今大会は羽生結弦(23)なきエース不在のリンク。宇野にとっては金メダルを獲得する絶好のチャンスだった。しかし、宇野の銀で12年(高橋大輔)、13~16年(羽生)と続いていた日本勢の大会連覇は「5」でストップ。平昌五輪の表彰台は、イバラの道となりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る