パレスチナに辛勝の日本代表 六川則夫氏は“2歳の差”実感

公開日:

【六川則夫 現地フォト&レポート】

 中国・江陰で9日に開幕したU23アジア選手権は、五輪代表を率いる森保一監督(49)にとって初の公式大会参戦である。初戦の相手はパレスチナ。試合開始時の気温は3度だったが、風が冷たいので寒いを通り越して「痛い」レベルだ。

 20年東京五輪を見据えて21歳以下で構成された日本代表は、23歳以下のパレスチナにペースを握られる時間帯も長く、カメラを構えながら「2歳差のフィジカルの違い」を実感させられた。

 試合を決めたのは、3バックの左に入ったMF板倉滉(20=仙台)だ。前半20分、MF井上潮音(20=東京V)とのワンツーで抜け出し、ゴール左に決勝ゴールを叩き込んだ。後半18分に登場したFW田川亨介(18=鳥栖)はJリーグ1年目に4得点を挙げ、国際大会でも存在感を見せつけたのが印象的だった。これから13日のタイ戦、16日の北朝鮮戦と厳しい戦いが続く。

 若き五輪戦士たちの「成長」をしっかり見届けたいと思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る