• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2戦連発4打点の大暴れも 巨人岡本「評価まだ早い」の根拠

 “ゴジラ効果だ”とチーム関係者は喜んでいる。

 巨人の“未完の大器”岡本和真(21)が7日のロッテ戦で、2試合連発となるオープン戦2号を含む、3打数2安打4打点と大暴れ。今春のキャンプでOBの松井秀喜氏からマンツーマン指導を受けたこともあり、「今年こそは」と周囲の期待は高まる一方なのだ。

 初回に一塁線を抜く適時打を放った岡本は、二回に左中間スタンド中段へ2点本塁打。1死一、三塁で迎えた四回の第3打席では、左翼へきっちり犠飛を打ち上げた。

 試合後、「きのう打ったのに、きょうダメだったらいけない。気を引き締めていった」と振り返った岡本はここまでオープン戦全5試合にフル出場し、打率・375、2本塁打、6打点。高橋監督も「2日続けていい打撃だった」と目を細めていたが、巨人OBは「評価するのはまだ早い」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  4. 4

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  5. 5

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  6. 6

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  9. 9

    セネガル戦は苦戦必至 日本のキーマンとリスク回避策は?

  10. 10

    国債の取引不成立が続出…日銀の異次元緩和は完全にドロ沼

もっと見る