2戦連発4打点の大暴れも 巨人岡本「評価まだ早い」の根拠

公開日:

 “ゴジラ効果だ”とチーム関係者は喜んでいる。

 巨人の“未完の大器”岡本和真(21)が7日のロッテ戦で、2試合連発となるオープン戦2号を含む、3打数2安打4打点と大暴れ。今春のキャンプでOBの松井秀喜氏からマンツーマン指導を受けたこともあり、「今年こそは」と周囲の期待は高まる一方なのだ。

 初回に一塁線を抜く適時打を放った岡本は、二回に左中間スタンド中段へ2点本塁打。1死一、三塁で迎えた四回の第3打席では、左翼へきっちり犠飛を打ち上げた。

 試合後、「きのう打ったのに、きょうダメだったらいけない。気を引き締めていった」と振り返った岡本はここまでオープン戦全5試合にフル出場し、打率・375、2本塁打、6打点。高橋監督も「2日続けていい打撃だった」と目を細めていたが、巨人OBは「評価するのはまだ早い」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る