慌てて育成から支配下登録 ソフトBは捕手がVのアキレス腱

公開日: 更新日:

「2年連続でベテラン捕手を切ったことが裏目に出た」と、球団OBがこう続ける。

「たらればの話だが、もし、鶴岡(36=現日ハム)か細川(38=現楽天)がいれば、今回の事態は避けられた。鶴岡は昨季29試合しか出場できなかったことに不満を持ち、オフにFA宣言して古巣に復帰した。16年オフには細川が退団し、楽天に移籍。球団はコーチ契約の打診をしたが、現役にこだわっていた細川に断られたのです」

 ただでさえ主力野手に30オーバーが多い球団だけに、手を付けられるところから若手にシフトしようという意図があったにせよ、若返り策が裏目に出た格好だ。

 この日は西武に敗れたソフトバンク。指揮官の悩みは深くなるばかりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    理髪店めぐり混乱…小池知事「国と調整中」見切り発車の罪

もっと見る