バド世界選手権 山口茜に日本勢初「金メダル」の可能性は

公開日:

 バドミントンの世界選手権(21日開幕=英グラスゴー)の組み合わせが16日(日本時間17日)までに明らかになった。

 今大会は女子シングルス世界ランキング2位の山口茜(20)、女子ダブルス・リオ五輪金メダルで同1位の高橋礼華(27)、松友美佐紀(25)組のメダル獲得が期待される。

 国際大会で実績のある高橋、松友組に加えて、初の世界選手権に臨む山口にとっては、表彰台が狙える千載一遇のチャンスだ。

 今大会は世界1位の戴資穎(23=台湾)が同時期に台北で行われるユニバーシアード大会を優先したため、出場を見送った。過去9戦して山口の5勝4敗と互角の相手がいないのは追い風になる。

 さらに山口は組み合わせにも恵まれた。戴資穎の欠場で第1シードに繰り上がったこともあり、準決勝までは比較的、楽な相手との対戦になる。唯一の難敵はリオ五輪銀メダルで同4位のP・V・シンドゥ(22=インド)だ。順当なら準決勝で顔を合わせるシンドゥとは過去4戦して1勝3敗と負け越してはいるものの、落とした試合はいずれも接戦だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る