バド世界選手権 山口茜に日本勢初「金メダル」の可能性は

公開日:

 バドミントンの世界選手権(21日開幕=英グラスゴー)の組み合わせが16日(日本時間17日)までに明らかになった。

 今大会は女子シングルス世界ランキング2位の山口茜(20)、女子ダブルス・リオ五輪金メダルで同1位の高橋礼華(27)、松友美佐紀(25)組のメダル獲得が期待される。

 国際大会で実績のある高橋、松友組に加えて、初の世界選手権に臨む山口にとっては、表彰台が狙える千載一遇のチャンスだ。

 今大会は世界1位の戴資穎(23=台湾)が同時期に台北で行われるユニバーシアード大会を優先したため、出場を見送った。過去9戦して山口の5勝4敗と互角の相手がいないのは追い風になる。

 さらに山口は組み合わせにも恵まれた。戴資穎の欠場で第1シードに繰り上がったこともあり、準決勝までは比較的、楽な相手との対戦になる。唯一の難敵はリオ五輪銀メダルで同4位のP・V・シンドゥ(22=インド)だ。順当なら準決勝で顔を合わせるシンドゥとは過去4戦して1勝3敗と負け越してはいるものの、落とした試合はいずれも接戦だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

もっと見る