マー君と投げ合いへ 大谷にメジャー最高“ア東地区”の試練

公開日: 更新日:

 160キロの速球を武器に4勝、飛距離150メートル級のパワーで6本塁打――大谷翔平(23=エンゼルス)の二刀流は米国でも話題になっているものの、一部の地域ではまだ認知されていない。というか、正確に言えば、二刀流を認めたくないのではないか。

 いまから約100年前に二刀流のベーブ・ルースが主に所属したレッドソックスとヤンキースのある東地区のことだ。

 大谷のエンゼルスは22日(日本時間23日)からカナダのトロントで対ブルージェイズ3連戦。その後、移動日を挟まずにヤンキース3連戦がある。開幕から2カ月近くが経ったが、大谷にとって東海岸への遠征は今回が初めてとなる。東海岸のファンやメディアはこれまで生の大谷を見ていないだけに、二刀流と騒ぐけどナンボのもの? というのが正直な受け止め方らしい。

 中でもニューヨークやボストンのファンやメディアには、ヤンキースとレッドソックスの所属するア・リーグ東地区こそメジャーの最高レベルという自負がある。ファンやメディアが容赦ない東地区で結果を残してこそ一流との認識なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

もっと見る