マー君と投げ合いへ 大谷にメジャー最高“ア東地区”の試練

公開日:

 160キロの速球を武器に4勝、飛距離150メートル級のパワーで6本塁打――大谷翔平(23=エンゼルス)の二刀流は米国でも話題になっているものの、一部の地域ではまだ認知されていない。というか、正確に言えば、二刀流を認めたくないのではないか。

 いまから約100年前に二刀流のベーブ・ルースが主に所属したレッドソックスとヤンキースのある東地区のことだ。

 大谷のエンゼルスは22日(日本時間23日)からカナダのトロントで対ブルージェイズ3連戦。その後、移動日を挟まずにヤンキース3連戦がある。開幕から2カ月近くが経ったが、大谷にとって東海岸への遠征は今回が初めてとなる。東海岸のファンやメディアはこれまで生の大谷を見ていないだけに、二刀流と騒ぐけどナンボのもの? というのが正直な受け止め方らしい。

 中でもニューヨークやボストンのファンやメディアには、ヤンキースとレッドソックスの所属するア・リーグ東地区こそメジャーの最高レベルという自負がある。ファンやメディアが容赦ない東地区で結果を残してこそ一流との認識なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る