マー君と投げ合いへ 大谷にメジャー最高“ア東地区”の試練

公開日:

 160キロの速球を武器に4勝、飛距離150メートル級のパワーで6本塁打――大谷翔平(23=エンゼルス)の二刀流は米国でも話題になっているものの、一部の地域ではまだ認知されていない。というか、正確に言えば、二刀流を認めたくないのではないか。

 いまから約100年前に二刀流のベーブ・ルースが主に所属したレッドソックスとヤンキースのある東地区のことだ。

 大谷のエンゼルスは22日(日本時間23日)からカナダのトロントで対ブルージェイズ3連戦。その後、移動日を挟まずにヤンキース3連戦がある。開幕から2カ月近くが経ったが、大谷にとって東海岸への遠征は今回が初めてとなる。東海岸のファンやメディアはこれまで生の大谷を見ていないだけに、二刀流と騒ぐけどナンボのもの? というのが正直な受け止め方らしい。

 中でもニューヨークやボストンのファンやメディアには、ヤンキースとレッドソックスの所属するア・リーグ東地区こそメジャーの最高レベルという自負がある。ファンやメディアが容赦ない東地区で結果を残してこそ一流との認識なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る