• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マー君と投げ合いへ 大谷にメジャー最高“ア東地区”の試練

 160キロの速球を武器に4勝、飛距離150メートル級のパワーで6本塁打――大谷翔平(23=エンゼルス)の二刀流は米国でも話題になっているものの、一部の地域ではまだ認知されていない。というか、正確に言えば、二刀流を認めたくないのではないか。

 いまから約100年前に二刀流のベーブ・ルースが主に所属したレッドソックスとヤンキースのある東地区のことだ。

 大谷のエンゼルスは22日(日本時間23日)からカナダのトロントで対ブルージェイズ3連戦。その後、移動日を挟まずにヤンキース3連戦がある。開幕から2カ月近くが経ったが、大谷にとって東海岸への遠征は今回が初めてとなる。東海岸のファンやメディアはこれまで生の大谷を見ていないだけに、二刀流と騒ぐけどナンボのもの? というのが正直な受け止め方らしい。

 中でもニューヨークやボストンのファンやメディアには、ヤンキースとレッドソックスの所属するア・リーグ東地区こそメジャーの最高レベルという自負がある。ファンやメディアが容赦ない東地区で結果を残してこそ一流との認識なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  5. 5

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    ハワイ移住は本当か 山口達也が療養中とされる施設を直撃

  8. 8

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  9. 9

    “のん待望論”封印「この世界の片隅に」松本穂香キスに絶賛

  10. 10

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

もっと見る