八塚浩
著者のコラム一覧
八塚浩

1958年10月16日生まれ。千葉県出身。立教大学卒業後、ラジオ福島に入社してアナウンサー。88年に独立。91年にセリエAでプロサッカー実況のキャリアをスタート。欧州CLは94年から担当している。現在はスカパー!のセリエAとCL、Jスポーツのプレミアリーグ、DAZNのJリーグの実況など。W杯は02年日韓大会開幕戦、06年ドイツ大会準決勝、10年南ア大会決勝などを現地から実況した。

W杯初戦に「化ける選手が必要」 岡田武史さんが語ったこと

公開日:

「スカパー!」のイベント「メディアラウンドテーブル」が24日に開催されて、「来季のブンデスリーガなど全306試合放映」「ロシアW杯期間中に過去映像や特番放映」などが発表され、私がMCを務める「サッカーおやじ会」の連日放映もアナウンスされました。

 当日は記者会見場を居酒屋風にし、ゲストに元日本代表監督の岡田武史さんを招き、トークセッションを行いました。

 岡田さんに「W杯で戦うのに一番大事なことはなんですか?」と聞くと

「W杯は短期決戦。初戦に(勝ち点を奪って)勢いをつけたい。そのためには『えっ! こんなことまでしちゃうの?』というような“化ける”選手の出現が必要となります」と2010年南アフリカW杯のときのエピソードを教えてくれました。

 この“化ける選手”とは、初戦のカメルーン戦で先制点を決めて世界に名を広めた本田選手であり、左サイドで攻守に奮闘してセリエAチェゼーナに引っ張られた長友選手だと思います。今大会の初戦コロンビア戦で日本に勢いをもたらす選手は、果たして出現するのか? 注目です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  9. 9

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  10. 10

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

もっと見る