栄監督は会見で謝罪も…伊調を激怒させた協会幹部のひと言

公開日: 更新日:

 伊調側は栄氏に加えて、協会の一部に対しても根強い不信感を抱いているという。

 さる協会幹部がパワハラ認定後、伊調側にこう言い放ったという。

「これだけの騒ぎを起こしたのだから、まずは伊調と田南部が謝りに来るべきだろう」

 各メディアがこぞって取り上げ、一時は社会問題にまで発展したパワハラ騒動は、加害者よりも内閣府に告発して騒ぎの火種を落とした被害者側に非があるといわんばかりだったそうだ。

 栄監督にしても「(アルソックの)監督に謝罪したいという話は何度かした」と言ったが、これも疑わしい。関係者によれば、栄氏からの連絡は「謝罪したいから会いたい」との趣旨ではなかったという。

 日本協会は伊調の現役続行に関して全面的にバックアップする姿勢を見せている。一時は練習場所の確保もままならなかった五輪女王に道場の提供まで申し出た。その一方で、日体大レスリング部の女子外部コーチを務める田南部氏と大会会場ですれ違った際、あからさまに無視する幹部もいるという。

 栄氏だけでなく、当事者意識の薄い協会の一部幹部をなんとかしない限り、レスリング界からパワハラは根絶できそうにない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

もっと見る