苦手な芝で8強入り 錦織を後押しした“組み合わせ”と“気候”

公開日: 更新日:

 日本人男子では1933年の佐藤次郎以来、85年ぶりの準決勝進出を逃したのが錦織圭(28=世界ランク28位)だ。

 11日に行われたウィンブルドンの準々決勝。錦織は元世界ランク1位のジョコビッチ(31=セルビア)に敗れ、これで対ジョコビッチ戦は13連敗となった。

 序盤はほぼ互角の打ち合いをしたものの、試合の明暗を分けたのはセットオールで迎えた第3セット、2―2からの第5ゲームだった。

 40―0から3回のブレークチャンスを生かせずにこのゲームを落として集中力が途切れたか。その後、ギアを上げたジョコビッチに押し切られた。

 錦織はこの日の試合をこう振り返った。

「攻めきることができなかった。ジョコビッチは崩すのが難しい選手。彼のショットで左右に振られ、常に走らされた。プレー内容は悪くなかったけど、やっぱり何かが足りないのだと思う。ただ、芝でいいテニスができたことは自信になる。悔しいけど、次につながる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  2. 2

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  3. 3

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  4. 4

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  7. 7

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  8. 8

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  9. 9

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  10. 10

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る