苦手な芝で8強入り 錦織を後押しした“組み合わせ”と“気候”

公開日: 更新日:

 日本人男子では1933年の佐藤次郎以来、85年ぶりの準決勝進出を逃したのが錦織圭(28=世界ランク28位)だ。

 11日に行われたウィンブルドンの準々決勝。錦織は元世界ランク1位のジョコビッチ(31=セルビア)に敗れ、これで対ジョコビッチ戦は13連敗となった。

 序盤はほぼ互角の打ち合いをしたものの、試合の明暗を分けたのはセットオールで迎えた第3セット、2―2からの第5ゲームだった。

 40―0から3回のブレークチャンスを生かせずにこのゲームを落として集中力が途切れたか。その後、ギアを上げたジョコビッチに押し切られた。

 錦織はこの日の試合をこう振り返った。

「攻めきることができなかった。ジョコビッチは崩すのが難しい選手。彼のショットで左右に振られ、常に走らされた。プレー内容は悪くなかったけど、やっぱり何かが足りないのだと思う。ただ、芝でいいテニスができたことは自信になる。悔しいけど、次につながる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る