• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

錦織ウィンブルドン初8強も 天敵ジョコ戦へ右腕故障心配

投稿日:

 錦織圭(28=世界ランク28位)が9日(日本時間10日)、ウィンブルドンテニス4回戦でエルネスツ・ガルビス(29・ラトビア=同138位)に逆転勝ち。日本男子では95年の松岡修造以来23年ぶりとなる、自身初のベスト8に進出した。「大変な試合だった。出だしがよくなかったのでどうなることかと思ったけど、2セット目から落ち着いて自分のテニスを取り戻せた」

 試合後の錦織はこう言ってホッとした表情を浮かべたが、8強入りの反動が心配だ。

 錦織はそもそも芝のサーフェスを苦にしている。芝の上を滑ってくるボールを持ち上げるのにかなりの負担を強いられるからだ。第1セット終了後には右前腕を治療するためにメディカルタイムアウトを取った。右手を痛めながら第2、3セットと立て続けにタイブレークにもつれる3時間28分の激戦を制した後遺症がないとも限らない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る