• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

錦織ウィンブルドン初8強も 天敵ジョコ戦へ右腕故障心配

 錦織圭(28=世界ランク28位)が9日(日本時間10日)、ウィンブルドンテニス4回戦でエルネスツ・ガルビス(29・ラトビア=同138位)に逆転勝ち。日本男子では95年の松岡修造以来23年ぶりとなる、自身初のベスト8に進出した。「大変な試合だった。出だしがよくなかったのでどうなることかと思ったけど、2セット目から落ち着いて自分のテニスを取り戻せた」

 試合後の錦織はこう言ってホッとした表情を浮かべたが、8強入りの反動が心配だ。

 錦織はそもそも芝のサーフェスを苦にしている。芝の上を滑ってくるボールを持ち上げるのにかなりの負担を強いられるからだ。第1セット終了後には右前腕を治療するためにメディカルタイムアウトを取った。右手を痛めながら第2、3セットと立て続けにタイブレークにもつれる3時間28分の激戦を制した後遺症がないとも限らない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る