• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

錦織ウィンブルドン初8強も 天敵ジョコ戦へ右腕故障心配

 錦織圭(28=世界ランク28位)が9日(日本時間10日)、ウィンブルドンテニス4回戦でエルネスツ・ガルビス(29・ラトビア=同138位)に逆転勝ち。日本男子では95年の松岡修造以来23年ぶりとなる、自身初のベスト8に進出した。「大変な試合だった。出だしがよくなかったのでどうなることかと思ったけど、2セット目から落ち着いて自分のテニスを取り戻せた」

 試合後の錦織はこう言ってホッとした表情を浮かべたが、8強入りの反動が心配だ。

 錦織はそもそも芝のサーフェスを苦にしている。芝の上を滑ってくるボールを持ち上げるのにかなりの負担を強いられるからだ。第1セット終了後には右前腕を治療するためにメディカルタイムアウトを取った。右手を痛めながら第2、3セットと立て続けにタイブレークにもつれる3時間28分の激戦を制した後遺症がないとも限らない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

もっと見る