オールスター第1戦でMVP 西武・森は生粋の「先輩たらし」

公開日:  更新日:

 賞金300万円を手に入れた。

 13日、マイナビオールスターゲーム第1戦でMVPを獲得した西武の森友哉(22)。初回、中日の松坂大輔の投じた内角高めのボール球をマン振り、右翼スタンドへ叩き込んだ。

 3ランを含む長打を2本放っていた森はMVPを狙っていたとか。1点を追う九回、小林(巨人)が左翼へ本塁打性の大飛球を打つと、「頼むから入らんといて下さい」と祈ったそうだ。西武ベンチでは山川(26)に頭を叩かれていじられることも。こういった無邪気さが年上の共感を呼ぶ。

 中学クラブチーム「堺ビッグボーイズ」の先輩、DeNA筒香も“骨抜き”に。4歳差で一緒にプレーしたり、食事したりした経験はないが、それでも「優しい兄貴分的な存在」とバットのおねだりをした。1度目は今年のオープン戦で6本、2度目は6月の交流戦で試合前に4本。もらったその日に試合で使用し、二塁打を放った。

 振り返れば、大阪桐蔭では1年秋から正捕手を任され、2年時に1学年上の藤浪(阪神)とのバッテリーで春夏連覇。先輩たちとうまくやれるのは、天性に違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る