オールスター第1戦でMVP 西武・森は生粋の「先輩たらし」

公開日:  更新日:

 賞金300万円を手に入れた。

 13日、マイナビオールスターゲーム第1戦でMVPを獲得した西武の森友哉(22)。初回、中日の松坂大輔の投じた内角高めのボール球をマン振り、右翼スタンドへ叩き込んだ。

 3ランを含む長打を2本放っていた森はMVPを狙っていたとか。1点を追う九回、小林(巨人)が左翼へ本塁打性の大飛球を打つと、「頼むから入らんといて下さい」と祈ったそうだ。西武ベンチでは山川(26)に頭を叩かれていじられることも。こういった無邪気さが年上の共感を呼ぶ。

 中学クラブチーム「堺ビッグボーイズ」の先輩、DeNA筒香も“骨抜き”に。4歳差で一緒にプレーしたり、食事したりした経験はないが、それでも「優しい兄貴分的な存在」とバットのおねだりをした。1度目は今年のオープン戦で6本、2度目は6月の交流戦で試合前に4本。もらったその日に試合で使用し、二塁打を放った。

 振り返れば、大阪桐蔭では1年秋から正捕手を任され、2年時に1学年上の藤浪(阪神)とのバッテリーで春夏連覇。先輩たちとうまくやれるのは、天性に違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る