ブラジルに惜敗も…FW増矢のゴールから漂う“努力の香り”

公開日:

 なでしこジャパンは米国での4カ国対抗第2戦(日本時間30日午前5時20分キックオフ)でブラジル相手に1―2で惜敗した。ミスから生まれた2失点。それでも最後の最後で意地の一発を見せたのは、INAC神戸のFW増矢理花だった。

 左サイドから阪口萌乃(アルビレックス新潟MF)が送ったクロスに飛び込み、頭でズバッとねじ込んだのである。

 第1戦の米国戦でも途中出場から全力でゴールに向かい、ブラジル戦の前には「出たら必ずゴールする」(増矢)と決意していた。まさに有言実行のゴールだった。

 ゴールへの嗅覚はU―17世代から別格。順調に成長を重ね、なでしこジャパンでもキャップ数は「24」。22歳でありながら、そこそこ重ねているほうだ。高倉麻子監督就任後、いつも増矢の名前があることにもう違和感はない。ただ、主軸の一員となるには、あと一歩というところから抜け出せていない現実もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る