代表キャップ2で初G 阪口萌乃の“ビックリ”がまた見たい

公開日:

「イメージ通りにいき過ぎてビックリしました」

 そう言って代表初ゴールに照れ笑いするのは阪口萌乃(アルビレックス新潟レディース)だ。

 26日(現地時間)に米国、ブラジル、オーストラリアと戦う「4カ国対抗」がカンザスシティーで開幕した。初戦の米国戦で日本は2―4で完敗を喫したのだが、貴重な2ゴールのうちのひとつを決めた阪口は、この日が「代表キャップ2」という新鮮素材である。

 しかも、ボランチが本業の彼女は初めて左サイドバックを担うことになった。当然プレーしながら「守備」を体得していくことになった。ぜいたくにも世界ランク1位の米国が練習台というわけだ。

「2歩目、3歩目がすごく速いんです。『なんだこりゃ!』ってビックリですよ」と初めて接する世界のトップレベルに圧倒された。それでも状況を見極め、わずかな隙を見つけて鋭く<差していく>ことを繰り返した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る