代表キャップ2で初G 阪口萌乃の“ビックリ”がまた見たい

公開日:

「イメージ通りにいき過ぎてビックリしました」

 そう言って代表初ゴールに照れ笑いするのは阪口萌乃(アルビレックス新潟レディース)だ。

 26日(現地時間)に米国、ブラジル、オーストラリアと戦う「4カ国対抗」がカンザスシティーで開幕した。初戦の米国戦で日本は2―4で完敗を喫したのだが、貴重な2ゴールのうちのひとつを決めた阪口は、この日が「代表キャップ2」という新鮮素材である。

 しかも、ボランチが本業の彼女は初めて左サイドバックを担うことになった。当然プレーしながら「守備」を体得していくことになった。ぜいたくにも世界ランク1位の米国が練習台というわけだ。

「2歩目、3歩目がすごく速いんです。『なんだこりゃ!』ってビックリですよ」と初めて接する世界のトップレベルに圧倒された。それでも状況を見極め、わずかな隙を見つけて鋭く<差していく>ことを繰り返した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る