• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

代表キャップ2で初G 阪口萌乃の“ビックリ”がまた見たい

「イメージ通りにいき過ぎてビックリしました」

 そう言って代表初ゴールに照れ笑いするのは阪口萌乃(アルビレックス新潟レディース)だ。

 26日(現地時間)に米国、ブラジル、オーストラリアと戦う「4カ国対抗」がカンザスシティーで開幕した。初戦の米国戦で日本は2―4で完敗を喫したのだが、貴重な2ゴールのうちのひとつを決めた阪口は、この日が「代表キャップ2」という新鮮素材である。

 しかも、ボランチが本業の彼女は初めて左サイドバックを担うことになった。当然プレーしながら「守備」を体得していくことになった。ぜいたくにも世界ランク1位の米国が練習台というわけだ。

「2歩目、3歩目がすごく速いんです。『なんだこりゃ!』ってビックリですよ」と初めて接する世界のトップレベルに圧倒された。それでも状況を見極め、わずかな隙を見つけて鋭く<差していく>ことを繰り返した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る