日大は出場停止継続 リーグ戦復帰条件は田中理事長のクビ

公開日:  更新日:

「本丸」を潰さない限り復帰は認めないということか。

 関東学生アメリカンフットボール連盟は31日、都内で臨時理事会を開き、悪質タックル問題で日大に科した18年度の公式戦出場資格停止処分を継続することを決めた。理事20人のうち、17人が処分解除を認めなかった。つまり日大アメフト部は8月末に開幕するリーグ戦に参加できないということだ。

 日大アメフト部の提出したチーム改善案の再発防止策について、「日大全体で取り組まなければ実効性を伴わない施策については、その策定もいまだ不確定、不十分」とは関東学連の検証委。日大の田中英寿理事長による反省や再発防止、組織改革の言明を期待するという。関東学連の柿沢理事長は「非常に残念な結果。日大のガバナンスに憤りを感じる」とも話した。

 同日には悪質タックルの被害者の父親が、自身のフェイスブックで日大に田中理事長との面会を申し入れたことを明らかに。田中理事長が会見を開くことも求めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る