• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日大は出場停止継続 リーグ戦復帰条件は田中理事長のクビ

「本丸」を潰さない限り復帰は認めないということか。

 関東学生アメリカンフットボール連盟は31日、都内で臨時理事会を開き、悪質タックル問題で日大に科した18年度の公式戦出場資格停止処分を継続することを決めた。理事20人のうち、17人が処分解除を認めなかった。つまり日大アメフト部は8月末に開幕するリーグ戦に参加できないということだ。

 日大アメフト部の提出したチーム改善案の再発防止策について、「日大全体で取り組まなければ実効性を伴わない施策については、その策定もいまだ不確定、不十分」とは関東学連の検証委。日大の田中英寿理事長による反省や再発防止、組織改革の言明を期待するという。関東学連の柿沢理事長は「非常に残念な結果。日大のガバナンスに憤りを感じる」とも話した。

 同日には悪質タックルの被害者の父親が、自身のフェイスブックで日大に田中理事長との面会を申し入れたことを明らかに。田中理事長が会見を開くことも求めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る