藤浪不振と金本監督の悪評が…高校球児も阪神には疑心暗鬼

公開日: 更新日:

 逆指名制度があった時代とは違い、今の選手は行きたい球団を選ぶことはできないが、「行きたい球団」や「行きたくない球団」は誰にだってある。「先輩が活躍している球団」や「育成がうまくいっている球団」に興味や関心を抱くのは当然だ。

 しかも近年は「U18」などの代表チームで、ドラフト候補が一堂に会する機会も増えている。「去年、あの在京球団に入った投手が開幕直後にいきなり手術した」などという話を選手同士が持ち寄り、情報が共有される。前出のスポーツライターは、「高校野球の監督の中には、行かせたくない球団のスカウトにわざと冷たい態度をとる人もいます」と言う。

 高校球界の関係者は、「阪神は活躍すれば人気モノになれるし、高い年俸ももらえる。ただ、最近は金本監督の起用法の評判が良くない」と、こう続ける。


「育成重視の方針を掲げながら、なかなか若手が育っていません。見切りが早く、ちょっとでも打たないとすぐにスタメンを外されたり、二軍に落とされたりする。これでは、指導者も生徒も良い印象は抱きません」

 いくら藤原や根尾を取りたいと思っても、悪評の多さが阪神のドラフト戦略に影を落としかねないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  3. 3

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  4. 4

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  5. 5

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  6. 6

    黒木瞳の監督映画が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  9. 9

    ハイヒール登山!コロラド州最高峰に到した美女2人の笑顔

  10. 10

    GoTo後手後手見直し 菅政権「責任丸投げ」に知事カンカン

もっと見る