カーブについていけず…左腕苦手のエ軍大谷にさらなる弱点

公開日:

 大谷翔平(24)は左腕を苦にする。

 本人に自覚はなくても7月31日現在、対右腕が打率.298なのに、対左腕は.163。右肘を痛めて打つだけのDH専任のいま、相手先発が左腕だとスタメンを外れるケースが多い。

 そんな大谷のさらなる弱点が、図らずも浮き彫りになったのが31日のレイズ戦だ。

 この日は5打数1安打。八回に左腕アルバラードの155キロの速球を痛烈なライナーで中前に運んだものの、2番手左腕のヤーブローの変化球攻めには全く対応できず、2つの空振り三振を含む3タコ。計11球のうち実に10球が120キロ前後のカーブで、2つ目の空振り三振は外角の完全なボール球に手を出してのものだった。

「カーブ系のボールがくる可能性が高いと分かっていると、余計に追い掛けたくなるというのがあると思う」とは試合後の本人。

 外角に逃げていくカーブを、強引にとらえようとしては打ち取られるという悪循環にはまっているようなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る