• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

カーブについていけず…左腕苦手のエ軍大谷にさらなる弱点

投稿日:

 大谷翔平(24)は左腕を苦にする。

 本人に自覚はなくても7月31日現在、対右腕が打率.298なのに、対左腕は.163。右肘を痛めて打つだけのDH専任のいま、相手先発が左腕だとスタメンを外れるケースが多い。

 そんな大谷のさらなる弱点が、図らずも浮き彫りになったのが31日のレイズ戦だ。

 この日は5打数1安打。八回に左腕アルバラードの155キロの速球を痛烈なライナーで中前に運んだものの、2番手左腕のヤーブローの変化球攻めには全く対応できず、2つの空振り三振を含む3タコ。計11球のうち実に10球が120キロ前後のカーブで、2つ目の空振り三振は外角の完全なボール球に手を出してのものだった。

「カーブ系のボールがくる可能性が高いと分かっていると、余計に追い掛けたくなるというのがあると思う」とは試合後の本人。

 外角に逃げていくカーブを、強引にとらえようとしては打ち取られるという悪循環にはまっているようなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る