部長解任で発覚 日大・田中理事長は駅伝まで牛耳っていた

公開日:

 10日に日大が発表した保健体育審議会(保体審)の監督などの解任人事。理事に就いている人間の「兼務の禁止」に基づいたものだが、驚いたのは田中英寿理事長(71)が相撲部総監督に加え、陸上競技部特別長距離部門の部長も解任されたことだ。

 この特別長距離部門はいわゆる「駅伝」チームを指す。田中理事長が相撲部を牛耳っていたのは広く知られていたが、駅伝にまで影響力を及ぼしていたことになる。

 日大には34の運動部があり、それぞれにスポーツ推薦枠を割り当てられている。なかでも多くの推薦枠を持っているのが相撲部、アメフト部、そして特別長距離部門だという。学内では以前から、保体審と各部の監督、部長に運用が一任されるこのスポーツ推薦枠の不透明さを疑問視する声が上がっていたが、「3大運動部」のいずれにも、田中理事長が深く関わっていたわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  7. 7

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る