東大卒ルーキー宮台 プロ初登板で勝利ならずも“追試”決定

公開日: 更新日:

 合格ラインとまでは言い難いが、それでも次のチャンスはもらえそうだ。

 日本ハムの東大卒ルーキー、宮台康平(23=ドラフト7位)が、23日のソフトバンク戦でプロ初登板、初先発。東大出身投手が一軍で先発するのは、1967年の井出(中日)以来、51年ぶり。先発勝利なら65年の新治(大洋)に続く53年ぶりの大記録だった。

 結果は4回3分の2を4安打2失点で勝ち負けはつかず。6四死球と制球が定まらず、投げた瞬間にそれとわかる明らかなボール球も少なくなかった。

 とはいえ、実力の片鱗を見せたのも確か。130キロ台後半の直球は手元で伸び、右打者の内角に食い込むスライダーやチェンジアップは効果的。高橋投手コーチが「真っすぐが暴れるのは良いのかもしれない」と話したように、荒れ球はソフトバンク打線に狙いを絞らせない要素もあったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る