アジア大会4強もここから正念場…森保五輪代表に3つの課題

公開日:

 前田が、左サイドから持ち前のスピードでDFを抜き去り、右足アウトでゴール前の岩崎に絶妙パス。これを右足でズドンと岩崎が決め、値千金の決勝弾となった。

「この日のサウジ戦で森保五輪代表は1段階、上のレベルに達した印象を受けた」と元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がこう続ける。

「五輪代表は、A代表と違って選手招集に強制力がなく、なかなかベストメンバーを集めることが難しい上に、代表合宿の機会も限定され、どうしても急造チームにならざるを得ません。それでもサウジ戦の攻撃陣に起用された前田、岩崎、そして、順大の20歳FW旗手怜央は、武器であるスピードを生かしつつ、好連係を取りながら相手ゴールに迫った。守備的MFやDFラインから前線に縦パスが入り、そこから手数を掛けないでシュートに持ち込んだり、両サイドの選手が積極果敢に攻め上がってクロスを配球したり、森保五輪監督がJ広島監督でリーグ優勝3回を果たした時期のサッカーが、五輪代表に浸透し始めていることを実感させられた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る